敬語力検定について

ホーム > 敬語力検定について

ご自身の敬語力をチェックし、
正しい敬語表現を身につけましょう。

敬語力検定

この敬語力検定は、PCでインターネットが使える環境があればいつでもどこでも受験することができます。
30分の制限時間で100問の問題を解いていただきます。

敬語とは、相手の立場や年齢の違いを埋めて、円滑にコミュニケーションを図るための重要な言葉で、相手や場面に配慮した敬意表現です。



敬語力検定の詳細はこちら

一般的に敬語は尊敬語・謙譲語・丁寧語の
三つに大きく分けられます。

尊敬語

相手(お客さま、クライアント)が行うことに対して敬意を表す表現であり、「なさる」「いらっしゃる」など特定の言葉を使う場合と、「お読みになる」など「動詞+ 」「お+動詞+ 」「ご+動詞+ 」など言葉の前、後ろに特定の語をつける場合などがあります。

 


謙譲語

自分側から相手側又は第三者に対する場合にその向かう先の人物を立てて述べる表現や自分側の行為・ものごとなどを相手に対して丁重に述べる表現で、「伺う」「申し上げる」「参る」「申す」」など 特定の言葉を使う場合と「お+動詞+ 」「ご+動詞+」「動詞+いたす」など言葉の前、後ろに特定の語をつける場合があります。


丁寧語

「~です」「~ます」「形容詞+ございます」など、話や文章の相手に対して丁寧に述べる表現であり、「お酒」「ご祝儀」をはじめとした物事を美化して述べる表現である『美化語』も含まれます。



 



敬語力検定の詳細はこちら

小さなお子様からお年寄りの方まで受験して 問題を解いていただけます。

この敬語力検定は受験の年齢に関係ありませんので、パソコンさえ使えるのであれば、小さなお子様からお年寄りの方まで受験して問題を解いていただけます。 また、世界中で受験していただけますので日本にいる外国人留学生だけでなく、海外で日本語を学ぶ方々にも受験していただけます。 特にビジネスシーンにおいては、美しい日本語が必要不可欠で、敬語はその最たるものです。正しい言葉遣いは相手に不快感を与えない為の最低限のマナーでもあります。 きちんとした言葉遣いができるかどうかだけで「仕事ができる人か」「気配りのできる人か」がわかります。
ぜひ、現在の敬語力をチェックし、正しい敬語表現を身につけましょう。

敬語力検定の詳細はこちら

▲ページトップへ